広範囲のムダ毛を早いスピードで処理することの出来るのがシルキン最大の魅力

家庭用脱毛器のシルキンは少し値段は割高になってしまいますが、従来の脱毛器のように別に専用のジェルなどが必要ありません。
なので購入者の方の満足度が非常に高い脱毛器となっており、さらには男性のヒゲも簡単に処理することが出来るのです。 どうしても脱毛をするとなると、経済的に悩むこともあるでしょう。
残念ながら脱毛エステの中には莫大な入会金などを請求してくる店舗もあるので注意が必要です。
シルキンは、パルスライト方式の脱毛器として注目されています。
このパルスライトは機械の照射口から照射されているレーザーが、患部の毛根組織を破壊していくことによって、むだ毛が抜け落ちたり、または細くなったりする脱毛方法です。

 

通常のレーザー脱毛器の6から10倍というとにかく広い範囲のムダ毛を早いスピードで脱毛出来るのがシルキン最大の魅力です。
両脇が10分程度で脱毛が完了してしまうのも業界最高水準であり、脱毛作業が一瞬で終わることでしょう。



広範囲のムダ毛を早いスピードで処理することの出来るのがシルキン最大の魅力ブログ:2022/8/03

腹筋体操に関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋体操を50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビで減量に成功した芸能人が
「連日、腹筋体操を100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

減量に詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
減量効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋体操を100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数の体操は
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
体操学では基本的なことです。

減量では
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
からだのラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数の体操は適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
減量では15〜20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15〜20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15〜20回で行い、
2〜3セット行うのが効果的な
腹周りの筋肉の鍛え方となります。

どんとはれ